• カテゴリ 開発プロジェクト の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

開発ブログ - 開発プロジェクトカテゴリのエントリ

いつものように空きのディスクは少ない状態からスタート
空きは 21GB

InterBase Serverが検出され、上書きを選択 (Yes)

インストール先は
Studio\17.0

「この製品をインストールするのに十分な空きディスク領域がありません。」
ディスクが足りないということで落ちる...

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

FMX Image Control

カテゴリ : 
開発プロジェクト
執筆 : 
2015/6/18

FMX にはイメージコントロールが複数あるけれど、いつもどれを使おうか考えてしまうので
ここでまとめてみました。

----------
TImage = class(TControl)
  Bitmap: TBitmap  ビットマップ
  BitmapMargins: TBounds  マージン
  DisableInterpolation: Boolean  補間を無効にする
  MarginWrapMode: TImageWrapMode マージン BitmapMargins と共に使う
  MultiResBitmap: TFixedMultiResBitmap 
  WrapMode: TImageWrapMode イメージの配置モード(Original/Fit/Stretch/Tile/Center)

  procedure DrawBitmap(const Canvas: TCanvas; const ARect: TRectF; const ABitmap: TBitmap; const AOpacity: Single = 1.0)

  イメージを表示する基本のコントロール
  多重解像度ビットマップに対応している。
  様々なイメージの配置モードをサポートし、背景は透過描画される。
  イメージを表示するのであればファーストチョイス

----------
TImageViewer = class(TCustomScrollBox)
  BackgroundFill: TBrush 背景
  Bitmap: TBitmap  ビットマップ
  BitmapScale: Float  0.01~10 イメージの拡大率
  MouseScaling: Boolean  マウスホイールによる イメージの拡大縮小
  ShowBackground: Boolan  Trueの場合 BackgroundFill が有効

  procedure BestFit  BitmapScaleの値を、コントロールサイズにフィットするように設定する(縦横比保持)

  イメージを対話的に拡大縮小できるコントロール
  マウスカーソルが指マークになる
  MouseScaling=True でマウスホイールによる拡大縮小が可能(デフォルト)
  とりあえず手軽に拡大縮小できるイメージコントロールが必要であればコレ?

----------
TImageControl = class(TStyledControl)
  Bitmap: TBitmap  ビットマップ
  EnableOpenDialog: Boolean  OpenDialogを利用可能に

  対話的に画像を選択表示できるコントロール
  EnableOpenDialog=True でクリックすると OpenDialog が開かれ、画像を変更可能(デフォルト)
  イマイチ利用イメージは湧かない...
基本的には TImage 一択かなぁ...

http://ht-deko.minim.ne.jp/ft1301.html#130105_01

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
久々に VirtualTreeView を使うプロジェクトをひっぱり出してきて
XE7 でコンパイルしようと、soft-gems のサイトに行ってみたら
メンテナーが変わったというお知らせが...

http://www.soft-gems.net/index.php/31-news/44-virtual-treeview-has-a-new-maintainer

そしてバージョン 6.0.0 が出ていました。
XE8 まで対応。

とりあえず一安心
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

Indy を使った https アクセス

カテゴリ : 
開発プロジェクト
執筆 : 
2014/5/23
Indy を使って https でアクセスしようとやってみました。

すると
EIdIOHandlerPropInvalid(メッセージ 'IOHandler値が無効です')
というエラーが発生しました。

https を使うには IOHander に IdSSLOpenSSL.TIdSSLIOHandlerSocketOpenSSL を設定しなければいけないようです。
とりあえずやってみます。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

igotUViewer for Windows バージョン 0.9.4 をリリースしました。
igotUViewer は MobileAction製GPS i-gotU のデータを読むためのプログラムです。
トラックデータ、ウェイポイントデータの読込みと GPXファイルへの書き出しを行うことができます。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

ようやく MacOS Xでも Windows版と同レベルのプログラムができました!
まぁ igotu2gpx ではできているのですから、そんなに喜ぶほどの事じゃないんですけどね...
次は本命の GT-820Pro ですが、かなりハードル高そう...
igotu2gpx が対応できていないのはなるほどですね。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

igotUViewer for MacOSX

カテゴリ : 
開発プロジェクト » igotUViewer
執筆 : 
2013/10/20

MacOS X から GT-120 や GT-820Pro の情報が読み込めるか試しているのですが、予想通りというか予想以上に難航しています。 orz...
そもそも Windows版はデバイスドライバがあるのでシリアルポートにアクセスするプログラムを書けばいいのですが、MacOS X にはドライバが提供されていませんから、USB通信のプログラムを書かなければいけないのです。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

ひょんなことから始めてしまった i-gotU のデータ読み取りプログラムの開発。
とりあえず GT-120 と GT-820Pro の両方のデータが読み取れるようになりました。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

igot-U のデータを読む

カテゴリ : 
開発プロジェクト » igotUViewer
執筆 : 
2013/9/22

現在、igot-U GT-120, GT-820 のデータを読むプログラムを開発しています。
たまたま i-gotu のプロトコルに関する情報を見つけてしまったのがきっかけでした。
以前から igotu2gpx というプログラムがあることは知っていたのですが、一度動かしてみただけで忘れてしまっていたのです。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
プロダクツ

開発ブログ

Link

AD