• カテゴリ Delphi の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

開発ブログ - Delphiカテゴリのエントリ

Frame には要注意

カテゴリ : 
技術メモ » Delphi » VCL
執筆 : 
2017/5/29
VCL XE7

LiveBindings で CustomFormat を設定しても
一向に反映されない
いや、デザインモードでは見えるのだが
実行してみると反映されていない

LiveBindings のバグなのかと思って、色々と試してみた
全然わからない

結局、フレームのせいだった
フレームで、grid と PrototypeBindSource を設定して
そのフレームをフォームに張り付けていたのだが
どうもメインのフォームに張り付けたフレームで
IfThen などのCustomFormat が削除されてしまうのだ
何度やってもダメ
Bind 関係の uses が足りないせいか?と思って
色々追加するが結局ムダ

張り付けて一回目のコンパイルはOKなのに
その後、すでにデザインモードで動作しなくなっている!!
そして再度コンパイルすると当然ダメ!
これひどい
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

良く忘れる

カテゴリ : 
技術メモ » Delphi » 全般
執筆 : 
2017/5/17
TList は無名メソッドでソートできる

TObjectList の sortは TComparer を使って行う

uses
  System.Generics.Defaults, System.Generics.Defaults,
  ...

List.Sort(TComparer<TFooBar>.Construct(
    function(const Item1, Item2: TFooBar): Integer
    begin
      Result := Item1.Prop1 - Item2.Prop1;
    end));
)
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
Berlin upd2

TListBox に AddObject するときに
TListBoxItem を
ListBoxItem := TListBoxItem.Create(nil);
...
ListBox.AddObject(ListBoxItem);
のようにして作成すると
RemoveObject したときにメモリリークを起こしてしまった。

作成時に
ListBoxItem := TListBoxItem.Create(ListBox);
とすれば、メモリリークは発生しなかった
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

RAD Studio git でエラー?

カテゴリ : 
技術メモ » Delphi
執筆 : 
2016/2/4
RAD Studio XE7

既存のプロジェクトを git で管理しようと
git init をしてから
RAD Studio で
Git - コミット - リポジトリルート以下
からコミットしたところ
エラーが発生してしまいました!

gitk を起動してみたところ
リビジョン解析エラー
となります

無視して git gui を起動すると
日本語ファイル名のついたファイルだけが add されていない状態。
git gui から add してコミットしたところ、無事完了して一安心

日本語ファイル名があるとだめなのかな?
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

DesignVisible がなくなった?

カテゴリ : 
技術メモ » Delphi » FireMonkey
執筆 : 
2015/9/18
XE5 で作っていたアプリケーションを 10 Seattle でコンパイルしてみました

FMX.Controls.TControl.DesignVisible がなくなっているようで
エラーが...

ちょっと便利に使っていたりしたので、困ってしまいました...
結構色々変わりますねー
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

PAServer バージョン

カテゴリ : 
技術メモ » Delphi
執筆 : 
2015/9/18
最近の PAServer のバージョン番号は RADStudioの内部バージョン番号と同じです。
前の方が分かりやすかったんだけど...

自分で使っていたバージョンの組み合わせをメモっておきます

 XE5 | RAD PAServer XE5 | XCode 4.6.3?
(XE6 | RAD PAServer XE6 | XCode 4.6.3?)
 XE7 | PAServer 15.0 | XCode 5.1.1? | (PAServer Manager)
(XE8 | PAServer 16.0 | Yosemite | XCode 6.3.2? | (PAServerManager))
 10  | PAServer-17.0 | Yosemite | XCode 6.3.2? | (PAServerManager)

ところで PAServerManager って以前は PAServer Manager だったのね
何か違うのかな?


XCode 6.3.2 iOS 7.1, 8.1, 8.2
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
それぞれのプラットフォームで扱えるビットマップデータの種類は以下の模様です。
Windows = bmp, gif, jpg, hdp, ico, png, .tif
MacOS = bmp, icns, jpg, gif, png, tif, tga
iOS = jpg, png
Android = gif, jpg, png

iOS のことを考えると jpg, png の2択
写真系なら jpg 通常の画像なら png ということ

FMX.Graphics.TBitmapCodecManager
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

RAD Studio で GIT を使う (3)

カテゴリ : 
技術メモ » Delphi
執筆 : 
2015/4/17
■リモートへの接続

■SSH接続の鍵設定(鍵の生成)

接続するたびにパスワードを入力するのは大変なので、SSH接続鍵を交換します。

まずは自分の SSH接続鍵があるか確認。

git bash で
ls ~/.ssh
ここで id_rsa や id_rsa.pub があれば、その鍵を利用できるので、以下はスキップ

ssh-keygen -t rsa -C "メールアドレス"
保存場所、パスフレーズなどはデフォルトのままで enter

再度 ls ~/.ssh するとid_rsa.pub ができている筈です。

■SSH接続の鍵設定(鍵をサーバに設定)

対象のリモートサーバに id_rsa.pub をコピー
SSH して
cat id_rsa.pub >> .ssh/authorized_keys

以上で完了


■その他
push しようとすると
bash: git-receive-pack: commad not found
と言われて失敗してしまいました。

リモートサーバには正しく git をインストールして、.bashrc でパスを通してあるのですが、ssh でコマンド実行した際には .bashrc を読んでくれないため、コマンドが見つからないようです。

git config remote.origin.receivepack <i>リモートサーバのgit binフォルダ</i>/git-receive-pack
git config remote.origin.uploadpack <i>リモートサーバのgit binフォルダ</i>/git-upload-pack
(注)リモートサーバが origin の場合
とします。

git config -l
で確認をしてみると、なぜかパスに C:/Program Files/Git/ が追加されてしまっています!!
困ってしまったので、直接 .git/config をエディタで開いて修正しました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

RAD Studio で GIT を使う (2)

カテゴリ : 
技術メモ » Delphi
執筆 : 
2015/4/17
■既存のソースをGITで管理
git bash を起動

既存のプロジェクトフォルダに移動
cd d:\project1

git リポジトリを初期化
git init

その後 RAD Studio から
Git - コミット - リポジトリルート以下

バージョン管理対象外のファイルを表示する チェックを付ける

一覧のファイルからチェックボックスにチェックを付けていく
.gitignore をうまく設定してあれば、全選択でいけるかも...

■リモートリポジトリへ
(事前にリモート側でリポジトリを作っておく git init --bare)
git clone --bare project1 //server/project1/project1.git

■リモートを登録
git remote add origin //server/project1/project1.git


[例]
例えば coreserver なら
ssh://username@mxxx.coreserver.jp/virtual/username/git/project1/project1.git
のような感じ...



[参考]
4.2 Git サーバー - サーバー用の Git の取得
既存のディレクトリをGit管理化して、それを基にリモートリポジトリを作る
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

RAD Studio で GIT を使う (1)

カテゴリ : 
技術メモ » Delphi
執筆 : 
2015/4/16
■git をインストール
git を windows にインストールする
オプションはほぼデフォルトで
download -> https://git-scm.com/download/win

■RAD Studio の設定
ツール - オプション で
バージョン管理 - Git を選択

■.gitignore の設定
Git で管理したくないファイルは .gitignore に書いておけば無視してくれる。
Delphi の場合であれば、以下のような感じ...

__history/
__recovery/
*.identcache
*.dproj.local
*.groupproj.local
*.dsk
*.~dsk
*.~bpl
*.tvsconfig
*.stat
(注)
私は中間ファイル(*.dcu)や実行ファイル(*.exe)などの出力場所を、ソースフォルダ以外の場所にしているので上記のような感じだが、標準の設定の場合は以下も追加
*.dcu
*.exe

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
プロダクツ

開発ブログ

Link

AD