開発ブログ - FireMonkey XE5 クロスプラットフォームでのメディアの種類

FireMonkey XE5 クロスプラットフォームでのメディアの種類

カテゴリ : 
技術メモ » Delphi » FireMonkey
執筆 : 
2013/10/30

クロスプラットフォームで動画や音声などのメディアを使うためには、FireMonkey の TMediaPlayer を使います。

TMediaPlayer は TMedia (抽象クラス)に実際の処理を依頼しており、各プラットフォームでは TMedia の継承クラスが作られています。
それぞれのプラットフォームで、少しずつ扱えるメディアの種類が違うので、メモとしてまとめてみました。

それぞれのプラットフォームで扱えるメディアの種類は以下の模様です。
Windows = avi, wmv, mp4, m4v, mov, wma, mp3, wav
MacOS = mov, m4v, mp4, avi, wav, mp3
iOS = mov, m4v, mp4, mp3, caf
Android = mov, m4v, mp4, mp3, caf, 3gp

対応表

Windows MacOS iOS Android
avi
mov
wmv
m4v
mp4
wma
mp3
wav
caf
3gp

windows media (wm*) は windows 以外では全滅です。
MacOS で caf や aiff が扱えないというのが違和感を感じますね...

この表を見ると、動画は mp4, 音声は mp3 といった標準フォーマットが良さそうですが、 音声の場合、デスクトップでは wav モバイルでは caf という切り分けもありかもしれません。

なおここに書かれた情報はソースコードレベルでの調査であり、すべてを実機で試したものではありません。あしからず。
誤りや実機での検証情報などがありましたら、教えてくださーい。<(_ _)>

おまけ

私は wav から caf への変換を MacOS 上で↓のような感じで行っています。
(カレントディレクトリ下に wav というフォルダがあり、その中に wav ファイルがあるときの例)

find ./wav -name '*.wav' -exec afconvert -f caff -d ima4 {} \;


参考サイト

MP4とM4Vの違いについて - Windows使いがMacに移行する記録

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

コメントの投稿

お気軽にコメントください : 投稿されたコメントは承認後に表示されます
プロダクツ

開発ブログ

Link

AD